社名にはじないサービスを。親切タクシー

kmグループ
今すぐ応募する

トピックス

CATEGORY LIST
2022.12.31

「GAZOO.com【S耐向上委員会Vol.18】にて弊社CEO兼プロレーシングドライバー山野直也 取材内容掲載中」

GAZOO(ガズー)は、トヨタ自動車が運営するコンシェーマ―向け情報提供サービス。自動車とITを融合するe-TOYOTA事業のひとつである。ポータルサイト「GAZOO.com」(ガズー・ドットコム)にて自動車関連の総合情報や、電子商取引(eコマース)やインターネットコミュニティーなどのサービスを提供する。また「GAZOO Racing」とは、トヨタ自動車が行った社内改革によって新設されたビジネスユニットのひとつで、正式名称は「GAZOO Racing Company」という。つまりGAZOO Racingとはトヨタの社内カンパニーの名称なのである。

・スーパー耐久をもっと盛り上げるために、いろいろな方がお持ちの想いやアイデアをお届けするGAZOO.comのコンテンツ「S耐向上委員会」。
第18弾はST-Zクラス、Porsche Team EBI WAIMARAMAの山野直也選手です。

【親切タクシー株式会社 CEO山野直也】

◆当日の取材内容一部◆

現状の大会ルールを参加者であるプロの目線から、誰しもが楽しめる環境整備への嬉しい提案】「他者を魅了する山野直也ならではの視点」

今のルールはいいルールなので長年続いていると思いますが、時代とともに少しでもルールを変化させていく、さらに言うと毎年ルールが変わっていくようなレースだと、常勝チームではないチームやそのチームのファンの方にも「勝てるかも!」という夢を持ったレースになっていくかもしれないですね。例えば、もう少しサクセスウエイトを大きくするとか、先ほども言いましたがジェントルマンドライバーを増やすとかいろいろルールを変えていったらどうかと思います。あとは、今スーパー耐久のレースはYouTubeで楽しめるようになっていて素晴らしいことですが、ライブ車載カメラを全車に載せたり、定点ではなくドライバーの顔が見えたり、足の操作とか手の操作とかいろいろなものが見えるようなカメラをいっぱいつけたりするといいんじゃないかと思います。プロドライバーのテクニックとか、アマチュアドライバーでもここまでやっているんですよとか、ファンの方が応援しているチームやドライバーの細かいところまで、いつでも見たいところを見られるように選べたらいいですよね。

(以下リンク先、取材内容から引用)

https://gazoo.com/feature/supertaikyu/committee/22/12/16/

詳しい情報は下記リンクをクリック

https://gazoo.com/feature/supertaikyu/committee/22/12/16/

「ワンスライドでの配車アプリ」「S.RIDE配車」

https://www.sride.jp/jp/

「親切タクシー求人にご興味のある方は下記リンクをクリック!」

/https://www.shinsetsu-taxi.com/recruit/form/

一覧へ戻る

タクシーの配車はアプリが断然便利!今すぐダンロードへ!