社名にはじないサービスを。親切タクシー

kmグループ
今すぐ応募する
先輩ドライバーの声1:自分のために使える時間を増やしたかった。

自分のために使える時間を増やしたかった。

氏名:粥川 俊介(かゆかわ しゅんすけ)
タクシー乗務員歴:1年6ヶ月
前職:ITエンジニア

タクシー乗務員になろうと思ったきっかけは?

前職はITエンジニアをしていました。
帰宅時間が遅くなることが多く、基本は翌日も仕事なので出来るだけ早く眠らなければいけない生活でした。
なので1日のうち自分の好きなことをできる時間はせいぜい2~3時間しかありませんでした。
そんな自分のしたいことをする時間がなかなか設けられない生活が嫌で、転職を考え始めました。
自由な時間を作りやすい仕事を探すなかでタクシードライバーという職業を知り、詳しく調べてみると自分の希望にぴったり合っていると感じて応募しました。

インタビュー画像1

実際タクシードライバーになって感じたことは?

タクシードライバーは基本「隔日勤務」という勤務形態なので、1回の勤務で20時間働く代わりに翌日が休みになります。
そして月の最低勤務日数が11日でよいので、休日が圧倒的に増え、念願だった自分の自由な時間は劇的に増えました。
また友人たちの予定に合わせてシフトを組みやすいので、飲み会の都合もつけやすくなりました。
それに上司やクライアントから無理難題を言われたり、プレッシャーを受けることがなくなったので、人間関係のストレスもほとんどなくなりましたね。

インタビュー画像2

親切タクシーの志望者へ一言お願いします。

当社は都心近くに会社があり、新宿に向かう方南通りという大きい道路がすぐ近くにあるので、乗務開始後すぐにお客様を乗せることができるという、タクシー営業をするにあたって最高の立地条件です。
それと高売り上げの先輩がとても多く、アドバイスやノウハウを沢山頂くことができるので、未経験でスタートしてもドライバーとして大きく成長できます。
会社の雰囲気もアットホームでとてもよく、労使関係も対等で乗務員のことをよく考えてくれているので、シフトの融通もつけてくれて働きやすいです。
また、正直タクシー会社というと年配の方が多いイメージですが(笑)、20代・30代の人も多く活躍しているので、幅広い年代の方にオススメできる職場ですよ。

インタビュー画像3

齋藤 法幸さんの声

川嶋 令子さんの声
一覧へ戻る


タクシーの配車はアプリが断然便利!今すぐダンロードへ!